柔術・古武術・秘伝の探求

八光流柔術の道場「やわらいしゃ」のブログです

「腕押捕」の中にある「木葉返」

以前の記事で『女子護身道を学んで以降は「腕押捕」のやり方を少し変えました』と書きましたが、その記事で書いた以外にも女子護身道の腕押捕には大きなヒントを貰っています。

女子護身道は八光流柔術黎明期に初代宗家が女学生向けに作成した護身術の型です。八光流柔術と共通する技も幾つかありますが、型の本数が少ない為、八光流柔術の代表的な技であっても採用されていない技もあります。しかし、採用が見送られた技であっても別の型の中で同じ動きが取り入れられている様に感じます。

この辺りは初代宗家が明確に書き残していないので、想像の域を出ませんが、八光流と共通する技であっても少しずつ取口を変化させているのは確かです。

例えば、「腕押捕」ですが、

八光流本傳の技は、上腕部を掴んできた相手の手を外さずに上から押さえて、そのままお辞儀をする様に相手に向けて上体を倒しながら相手を崩します。

f:id:Yawaraisha:20240224143816j:image

一方、女子護身道では、掴まれた側とは反対の手で相手の掴み手を外して手首を極めながら下へ落とします。

f:id:Yawaraisha:20240224144056j:image

初めて女子護身道を習った時は、八光流と比べて「力任せ」の印象でしたが、よくよく考えてみると相手の掴みを引き剥がして落とす一連の動作は二段技「木葉返」の裏の形である事に気付きました。(大東流の一部の会派で「内木葉・外木葉」と使い分けている技があるそうです)

そして、この形は、三段技「腕押捕」の後半部にも登場します。教本写真でも確認できますが、何せ正しい取口が普及していないので、この部分は理解されないかも知れません。教本写真通りに技をかけると効き目が格段に向上するのですが、私自身も、この大切なコツに気が付かず「三段技は難しいな〜」と長い間、課題にしていました。

習い始めのうちは難しいかも知れませんが、ある程度、技を習得した後で初代宗家の遺された技の解説を読むと、実に色々な発見があります。

女子護身道については、技の復元を担った指導担当者が本部を離れたので「正確な技」を習う事は難しいと思いますが、一般技の教本は八光流総本部に問い合わせれば入手できる筈です。

 

追伸

女子護身道のイラストで左で目潰しをしていますが、これは本来の型にはない動作です。

 

 

 

「立ち当」(たちあて)

八光流柔術・初段技12箇条

送りカナの表記は教本の通りにしています。

イラスト上では

右側:取/左側:受となっています。

 

f:id:Yawaraisha:20240217235218j:image

 

(イラスト解説)

①相手が左手で右手首を掴んで右手で殴らんとするのに対して右足を一足進めながら右手を左耳に向けて挙げる。

②右手を挙げながら相手の掴みを外す。

③耳(眼)の高さに挙げた右手で手刀を作り相手の眼下に当身を入れる。

④半身になりがちだが胸と胸を合わせ相手との正対を保つ。左手を後ろに引くと半身の弊害を助長するので、左手は腰よりも前に置く。

⑤左手が前にあれば接近時に帯を掴んだり、腹を突いたり抑えたりと次の動きに繋げられるが、左手を後ろに引いた半身の姿勢だと攻めが遅れる。

昔々「八光流は避けない!いなさない!正面で受ける!」と言われている師範がいましたが「なるほど!」と思いました。実際、三段技の突身捕は八光流独特の技ですが相手の突きを腹で受けています。昔は実際に腹や胸を拳で突かせる稽古もした様です。

しかしながら「立ち当」に関して言えば、ヒラリっと身を翻す人が殆どではないでしょうか?帯の結び目を相手に向けながら、手と反対側に手刀を置く構えは慣れないと結構厳しい筈ですが「立ち当」の難しさが語られる事はありません。

皆さん、簡単な技だと誤解しているのかも知れませんね。ただ、私自身も「立ち当」の本当の難しさや技の意味に気付いたのは剣術を学び始めてからだと思います。もし「立ち当」について十分な理解があり正しく稽古していたならば、剣の構えで、あれほど苦労はしなかったでしょう。剣術を通じて八光流への理解が深まりましたが、それは剣と柔に通底する術理があるからだと思います。

 

 

 

 

 

2018年の稽古写真

f:id:Yawaraisha:20240212135020j:image

 

2018年3月25日付の旧Twitter

投稿写真を添付しました。

 

この時は

体験入門者に初段技「腕押捕」を

やって貰いました。

 

難しい技ですが、

絶対に身体を回さない!
余計な動きをしない!
っと言う事を徹底したら

結構、綺麗に技が決まりました。

 

「オッ〜凄い!」

「綺麗な技だな〜」

っと思いながら撮影したのが

冒頭の写真です。

 

正しいアプローチがなければ

難しい技は

何年経っても難しい技のまま。

言いたくはないですが

いくら稽古を重ねても

上達しません。

 

一方で、、、

技のポイントを押さえれば

難しいと言われる技でも

意外とアッサリ、成功するものです。

 

技の迷宮に陥る時は、

先生の話を聞いていないか?
先生がちゃんと教えていないか?

或いは、

その両方ではないでしょうか?

 

 

相手の中心へ切り込む!

【 腕押捕・胸押捕 】
 
上腕部または胸部を押さえながら、 
殴って来る相手に対する技。

2つとも八光流柔術の初段技です。

f:id:Yawaraisha:20240210020537j:image

相手の掴み手に軽く触れ、 
対角線上の肩と肩を合わせつつも 
我が上体を前に倒すと 
相手は腰砕けに崩れ落ちる。
 
八光流入門者にとって最初の難関。

 
横を向かずに真っ直ぐに
我が身を前に折る。
 
途中で腹圧を抜かない事。
 
鼻梁、鳩尾、臍を結ぶ中心線は 
前を向いて真っ直ぐに。

僅かでも横を向くと 
身体が廻って攻めが 
緩んでしまいます。

f:id:Yawaraisha:20240210020119j:image 
一方で自分の左肩を 
相手の左肩へぶつけろ! 
との要求もあり、
腹を捩らず背中を捻る
 
身体遣いが必須になります。

 

今週の居合(抜刀術)の稽古で
教えられた「左脚を踏み出して、
鞘を持つ方の肩をやや引く」動きも、
突き詰めて考えると 
同じ身体遣いと理解しています。
 
古流の剣術、居合を学ぶ中で 
八光流に対するヒントを
拾う事も少なくありません。
 
やわらいしの稽古では
八光流に限らず様々な視点から

術と身体遣いへの 
理解を深めていきます。

 

f:id:Yawaraisha:20240210020158j:image


腕押捕・胸押捕で使われる 
斜めにならず真っ直ぐに  
身体を倒す動きですが、 
中々難しく、分かりづらいので 
理解を促す為に補助(面)を 
追記しています。
 
この技の術理を理解したい方は 
稽古にご参加下さい。
 
ご興味のある方はDMか
 
メール✉️でお問い合わせ下さい。
 
yawaraisha@gmail.com

稽古参加希望と書いて
 
頂けると助かります。

初代奥山龍峰傳「女子護身道 」


初代奥山龍峰先生が戦前の女学生用に監修した女子護身道と言う型は八光流柔術との共通点を持ちながら技の運用は現在の八光流より遥かに烈しいと言う印象です。

 

f:id:Yawaraisha:20240129104202j:image
 
私は2019年に女子護身道を学んでからは、打込捕、腕(胸)押捕の伝え方を少し修正しました。初段技の初期段階の教え方で、相手の頭を地面にぶつけるつもりで抑えると言う工夫です。
 
2枚目のイラストは相手を蹴っているのではなく、左足を大きく前に踏み出す瞬間です。上半身を揺らさず、左足で地を踏み締めると共に相手を足下に叩き付けます。コレは女子護身道における型の運用から取り入れました。地面を使った打撃技ですね。

f:id:Yawaraisha:20240129104237j:image


 
女子護身道の激しさから八光流黎明期のエネルギーを感じるので、女子護身道のエッセンスを抽出して少しでも往時に近づければ良いな〜っと思っています。戦時下で生まれた型なので、現在の型より極めが明快に作られている印象です。それ故に技のヒントに溢れています。

危険な部分もあるので、稽古の時は細心の注意が必要ですが、そう言った緊張感が却って稽古を充実させるのかも知れません。

【 稽古方法について 】

柔居舎を始めて以来、数多くの稽古方法を試して来ましたが、それは一方で数多くの稽古方法を捨て去った事になります。では捨て去った稽古方法が無駄であったか?と言えば、そうではありません。その時々の稽古体験が次へのステップになっています。

稽古の取り組み方によって全然違うレベルの稽古体験を味わえた事、それらを身体的な経験として蓄積出来た事に意義があったのでしょう。過去の稽古方法を再現しても上手く行かない事もありますが、過去の成功例を標準化する事に、どれほどの意義があるのか?

型は、実用性や学習効果の高い状況設定と先人達の口伝によって学びの手助けをしてくれますが、完璧に標準化されている訳ではありません。むしろ、形式化が出来ない揺らぎの部分に探求の余地が残されている様に感じます。初期段階では上達への捷径を形式に求めるのも有りでしょう。

しかしながら、慣れるに従って洞察の粒度も低く(細かく)なる筈です。そうなると口伝を含めた型の手順解説の中では描写されていない体験(課題・難しさ)にも出会うのではないでしょうか?そうなると必然的に現在の体験が最良の教科書になってくるのではないでしょうか?

技は当然、成功させる前提で稽古すべきですが、成功させる為に技巧的なコツや過去の成功体験を参照すると、進歩へのベクトルが働かない気がします。これは私自身への縛めにもしたい点ですが、部分的(技巧的)な記憶の参照は身体的でなく、既に観念的であると言えます。

頭で考えているが故に、対応が遅れ動きも部分的になり、結果として技を封じられるのではないでしょうか?また、動きが部分的である事は緊張の偏在(偏り)する力んだ動きであるとも言えます。では、記憶を参照しない動きとは如何なるモノか?その辺も踏まえて2024年の稽古テーマを熟考中です。

とは言え「人は記憶を頼りに事象を認識している」との説もあり、武術の技や型は、経験・記憶・記録の集大成とも言え、これらの課題の整理は、とても骨の折れるでしょう。既に従来の八光流の範疇を超えていますが、初代龍峰先生の著作には同じ匂いのロマンを感じるので、間違った方向でもない筈です。

 

以上、2023年12月30日のツイート連投のまとめです。そのまま、コピペしています。

 

 

合気上げ、合気下げ

「合気上げ」「合気下げ」と言う技名、用語は

いつ頃から使われ始めたのでしょうか?

先日、体験に来た方に両手取りからの崩しをお伝えしたところ「これはいわゆる合気下げですか?」と質問されました。「うーむ、どうでしょうね〜、私のところでは合気上げと合気下げとか言わないので」と答えたのですが「合気下げ」と断言して欲しかったのかも知れません。

その時に示した技は両手取りから手を床に向かって下げる崩しの一つであり、大層な名前を付ける程とは思えませんが、敢えて名付けるとすれば「立ち膝固の崩し」でしょうか?

ところで八光流の黎明期には合気○○と名前の付く技が複数あった様ですが、現在は「合気投」の一のみ。この技も初代龍峰先生が、もう少し長生きして最後の大改編を断行していたら技名が変更されていたかも知れないと独りで妄想しています。

大東流の影響を受けながらも流儀名にも合気と言う名前を付けなかったので、脱合気と言う方向性があったのではないでしょうか?合気と言う圧倒的にキャッチーなパワーワードを避けたのは何故か?初代の真意は、今となっては分かりませんが、大東流と一線を画すと言う点では意義があったと思います。

とは言え、八光流から分離独立した流派(再分離を含む)の中には自流を「合気柔術」と称する流儀も少なくありません。ブラジリアン柔術と区別する為の方便か?或いは、源流は大東流であると考えての事か?

兎にも角にも、合気と言う用語は多くの方々に好かれているのでしょう。